バーコードの印刷について

バーコードは縞模様の線を利用した識別子の事を意味していますが、この縞模様の線には太いものもあれば細いものもあります。

これらは数字や文字が縞模様の線に置き換えられているもので、専用の読み取り機械を使う事で、そこに記載されている情報を読み取れるようになっています。
バーコードは、身の回りにある商品などにも付いている事が多くなっていますが、バーコードはそのまま見ただけでは何が記載されているのかが解りませんので、イメージとしてはそれを第三者に対して隠すと言うようなイメージを受ける事もあります。
しかし、この識別子は物流などの中で、間違いを起こり難くさせるための工夫でもあり、バーコードリーダーを使ってそれを読み取る事で、間違いを無くす事が出来ると言う目的があるのです。

ところで、印刷を行う事で製品などにこのバーコードが付けられる事になります。また、印刷を行う場合、この識別子と言うものを作成しなくてはなりませんが、これはパソコンを使う事で簡単に作りだせるようになっています。インターネットの中でも、識別子を作る事が出来るウェブページが用意されていますし、パソコンの中には専用のソフトウェアがあり数字や文字を入力する事で簡単に作れるようになっていますので。

後は、商品のパッケージのレイアウトの中に、パソコンで作成した識別子を貼り付けて版下を制作すれば、印刷を可能にしてくれるのです。

尚、この識別子には、JANー13/EANー13やJANー8/EANー8、CODE39、CODE128などの種類があり、業界や産業などにより種類が異なるのが特徴です。